1.原料秤量

製造する合金組成にあわせ、希土類金属や鉄、コバルト、その他添加元素を秤量します。これらの原料を真空溶解炉にセットします。

原料鋳量

2.熔解

真空溶解炉で、高周波をかけて熔解します。高温になり均質に合金化したあと、熔解は鋳型に流し込まれ、インゴットが作製されます。

溶解

3.粉砕

インゴットは何段階かの工程を経て粉砕され、最終的には、平均粒径で数ミクロン程度の粉塵となります。各粉砕工程は、微粉の酸化を防ぐために、アルゴンや窒素の雰囲気で保護されます。

粉砕

4.磁場中成型

磁石粉末は、磁場をかけた金型の中でプレス成型されます。これにより、微粉の結晶方位が外部磁場の方向に揃い、配向方向の磁気特性が向上します。

磁場中成型

5.焼結・熱処理

プレス成型した圧粉体を、真空焼結炉の中で、焼結、熱処理します。圧粉体の密度は真密度近くまで焼き固まります。この時、焼結体の各寸法は圧粉体の70~80%、体積は約半分に収縮します。焼結後の熱処理は、磁石合金の金属組織を調整する役割があります。

焼結・時効

6.磁気特性検査

焼結、熱処理が終了した時点で、マグネットの基本的な磁気特性は決まっています。磁石の残留磁束密度や保持力、最大エネルギー積などの磁気特性を測定し、検査を合格した磁石だけが次の加工、組立工程へと送られます。

7.加工

希土類磁石は焼結工程での収縮量が大きいこと、及び表面の酸化層を取り除く目的で、通常は磁石の全面を研磨加工、又は断裁して目標寸法に仕上げられます。

加工

8.表面処理

使用される環境に応じて、磁石に表面処理が施されます。ネオジム磁石は一般に錆びやすいので、Niメッキや塗装が行われます。一方、サマリウムコバルト磁石は、耐食性が高いので、通常は表面処理は行われません。

表面処理

9.形状外観検査

加工、表面処理が終わった磁石の寸法及び外観の検査を行います。また製品仕様に応じて、磁気特性や耐食性試験などを行います。

形状外観検査

10.着磁

静磁場またはパルス磁場による着磁作業を行います。

着磁

11.出荷・梱包

製品検査に合格した磁石は、梱包して出荷します。

出荷・梱包

12.お客様へ