12,000ガウスと14,000ガウスは鉄粉を捕獲する能力にどのような違いがあるのか?

12,000ガウスと14,000ガウスのマグネットバーに鉄粉(砂鉄)を大量に振り掛けると、どのような違いがでるのだろうか。早速鉄粉を振り掛けて実験をしてみました。

baetestbaetest

12,000ガウスの鉄粉捕獲量は?

12,000ガウスのマグネットバーが捕獲した鉄粉を、重量計で量ると2,157g(約2.2kg)となりました。
捕獲した鉄粉の太さを測ると約70mmとなりました。

baetest

14,000ガウスの鉄粉捕獲量は?

14,000ガウスのマグネットバーが捕獲した鉄粉を、重量計で量ると2,485gg(約2.5kg)となりました。
捕獲した鉄粉の太さを測ると約80mmとなりました。

baetest

12,000ガウスの鉄粉捕獲可能磁力線飛距離は?

12,000ガウスのマグネットバーの磁力線はどれぐらい遠くまで飛んでいるのでしょうか。
鉄粉捕獲可能磁力線飛距離を調べてみました。実験の結果30mm離れた微鉄粉を捕獲することができました。

baetest

14,000ガウスの鉄粉捕獲可能磁力線飛距離は?

14,000ガウスのマグネットバーの磁力線はどれぐらい遠くまで飛んでいるのでしょうか。
鉄粉捕獲可能磁力線飛距離を調べてみました。実験の結果40mm離れた微鉄粉を捕獲することができました。

baetest

実験結果

実験の結果をまとめると以下ようになりました。

表面磁束密度 鉄粉
捕獲量 捕獲幅 吸着可能距離
12,000G 2.2kg 70mm 30mm
14,000G 2.5kg 80mm 40mm
bartestbartestbartestbartestbartestbartestbartest

距離間隔による空間磁束密度の違い

バーからのGapが開く程、空間の磁束密度は低くなります。

マグネットバー01 マグネットバー02
Gap
A
30mm 40mm 50mm 60mm 70mm 80mm 90mm 100mm
12,000G - - - - - - - -
14,000G 14,540G 5,080G 2,400G 1,250G 700G 370G 200G 100G