項目 範囲 スライド操作
外径 D-mm
高さ H-mm
W-mm
ネジ規格 M-ISO
JIS
長さ L-mm
吸引力・吸着力 F-kgf
IMG コード D X H / M 幅W 長さL 吸着力F 価 格
D10
10mm
X
5mm
/
M3
5.5 mm 12 mm 2 kgf 価 格
D12
12mm
X
5mm
/
M3
6 mm 13 mm 3 kgf 価 格
D16
16mm
X
5mm
/
M4
6 mm 13 mm 5.5 kgf 価 格
D20
20mm
X
7mm
/
M4
8 mm 15 mm 9 kgf 価 格
D25
25mm
X
8mm
/
M5
10 mm 17 mm 22 kgf 価 格
D32
32mm
X
8mm
/
M6
10 mm 18 mm 34 kgf 価 格
D36
36mm
X
8mm
/
M8
10 mm 18 mm 41 kgf 価 格
D42
42mm
X
9mm
/
M8
12 mm 20 mm 68 kgf 価 格
D48
48mm
X
11.5mm
/
M8
12 mm 24 mm 81 kgf 価 格
D60
60mm
X
15mm
/
M10
14 mm 30 mm 113 kgf 価 格
D75
75mm
X
18mm
/
M10
14 mm 33 mm 164 kgf 価 格

吸着力とは

吸着力とは、吸引力とも云われ、磁石と鉄を含有する磁性体など、2つの物体の間に働く力と定義しています。吸着力を表す代表的単位は、N(newton)が用いらてれます。kgf(kilogram-force)やlbf(pound-force)など、質量の基本単位で表すこともできます。

荷重とは

荷重とは、磁石と鉄板など、2点間の触れるところで発生する力と定義しています。その力は、摩擦や表面の状態や衝撃に依存して、負荷が変化します。磁石と鉄板など、平行に加わる負荷に耐え、滑らずに留まることができる滑り荷重も、N(newton)の単位で表すことができます。

吸着力と滑り荷重の計測方法

使用環境と計測方法よって、結果数値が異なります。そのため、磁石の特性仕様として吸着力を示す場合は、使用環境と計測方法を定義する必要があります。弊社では、以下の測定方法と環境条件で計測された場合と定義しています。

測定方法

1.吸着力
鉄板に対して、縦軸に垂直に引き、磁石が鉄板から離脱した際の力を、吸着力とする。

2.滑り荷重
鉄板に対して、横軸に平行に引き、磁石が鉄板から移動した際の力を、滑り荷重とする。

環境条件

1.鉄板の厚さ(T)は、磁石の厚さ(H)以上とする。
2.磁石は、鉄板の中心に設置とする。
3.鉄板面積は、磁石面積の3倍(300%)以上とする。
4.鉄板の材質は、純鉄(Fe)とする。
5.鉄板の表面は、凹凸なく平面で、摩擦係数がないものとする。
6.鉄板と磁石の間隙は、密着し間隙がないものとする。